美人は「その気」から。思い込んだ者勝ち!なりたい自分に近づく魔法 とは?

美しい人、可愛い人を見て「あ~いいなあ。あんな風になりたいっ」と思う事ありますよね。それは美しさへの第一歩です。だったら、なっちゃいましょう!え~どうやって?答えは女優になりきってしまうこと。

これは美人に近づく実践演習その1です。

よく、病は気から・・なんていいますが、人の思い込む力というのは、なかなか馬鹿になりません。特に女性の場合は、内面にあるものが表面に現れる傾向が強いのでは?

例えば恋をしている女性は、目が輝き肌がうるおい、いつもよりも数百倍も素敵になれます。そう考えると、きれいになる魔法の呪文は、自分が持っていることに気づけるでしょう。

さあ、心に思い浮かべてください。どんな女性になりたいですか?とびきり美しい、可愛らしい女優さんやモデルさん。タレントさん、女性アナウンサー・・・?

思い浮かべたら、まずは今日1日、その人になったつもりで意識してください。歯を磨く時も、ご飯を食べる時も、電車に乗る時も、電話を取る時も、書類を整える時も・・・。

だーれにも知られない自分だけの演技です。私は彼女、彼女は私・・魔法の呪文を唱え続けましょう。

人と向かい合う時、彼女ならどんな表情をするのでしょう。口元に微笑みを浮かべ、ちょっとはにかんだような感じ?通りを歩く姿も、背筋が伸びて、口角はきっと上がっていますよね。

そんなことやってられない、そう思いますか?

プチ女優のイメージは、いつもの自分からキレイを目覚めさせるためのきっかけ作りです。お花に水をそそぐように、自分に対して意識のシャワーを浴びせるのです。

1日続いたら、鏡で自分の顔を見つめてください。ほら、その表情の中、何かが変わっていませんか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る