愛される女性は自分を愛している、心の女の子を元気にする方法

相手を好きになり、幸せな恋をする条件として、ちゃんと自分のことを好きになっていることが大切です。

自分が嫌い、という人は自分を否定する分相手に期待してしまい、その人自身を正しく見ることができません。

自分のすべてを好きになれということではなく、ここはダメだけれど、ここはとても良いところ、というようにきちんと認めてあげるのです。「だから私はダメなんだ」ではなく、「だからこそ私は愛されて幸せになれる」と自分が信じなければ、目の前にある幸せにさえ気づけないでしょう。

自己否定ばかりしていると、内なる自分はどんどん縮こまって引っ込み思案になっちゃいます。

例えば、誰かがあなたを見ていた場合、縮こまった心では「私、どこか変かしら?なにかおかしいのかな?」とマイナスの気持ちしか湧いてきません。

起こった出来事を、常にネガティブにとらえてしまうのです。

素敵な男性が何かをしてくれたとしても、好意を持ってくれているとは素直に受け取れないかもしれません。もったいないですよね。自分が好きな女性は、人に見つめられれば「私は魅力的なのかも」とちゃっかり受け止められます。

何かをしてもらえれば「あの人私が好きなのかな。ラッキー♪」と思えるでしょう。

たとえそれが勘違いだとしても、あなたの表情は暗くはなりませんよね。起こる出来事は同じでも、あなたの脳が受け止める方向が違えば、効果はまったく違います。心の中の可愛い女の子が、ますます魅力的になるには、自分自身に対する愛情が必要なのです。

それには、今現在の自分をありのままに受け止めるところからスタート。完璧な人間なんてどこにもいない。それを頭において自分を見つめなおしてくださいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る