愛される自分のイメージに条件は不要、ありのままのあなたで

愛することに自己犠牲のような、含みを持って考えていませんか?相手がしてほしいことをしてあげれば愛される、とか、彼の好みの外見に変われば愛される、とか・・・。

好きな人にはできる限りのことをしてあげたい、というのは普通のことかもしれません。けれど、それがあなたの「我慢」の積み重ねになったら、それはもう愛することとは言えないでしょう。

愛に条件付けは必要ないのです。

ちょっとつらいな、とかいやだな、ということまで相手の要求をすべて受け入れたり、怒りを封じ込めたり・・そんな不自然な状態ではいつかバランスをくずします。

一生懸命努力をして「愛する」ものではないです。

あなたはあなたのままで「愛される」。どうしてでしょう。それはあなた自身が、ありのままのあなたを愛するからです。

そんなあなたが、無理をせずに幸せになるには、そのままの姿を安心して見せられる相手に、「あなた自身」を愛してもらうのです。

良い人のポーズ、ものわかりの良い女性、なんでも要求を受け入れる彼女・・そうやって頑張って作りあげた自分では、いつかクタクタに疲れてしまう。自分自身を愛しているとは言えません。

そんな姿は、もうあなたではないのです。

女性は、「愛される」存在です。あなたの中の女の子は、そのままの姿を愛されたいのです。

あなたの愛される姿とは、あなたが知っている素の自分そのものであるはずです。そのイメージを強く持ってください。

あなたは、あなたのままでいて良いのです。

今あるありのままの私が愛される、それがあなたのセルフイメージ。忘れないでくださいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る