本当の婚活のスタートは自分を知ることから始まる

婚活をしているのに上手くいかない女性の特徴として、自分のことを棚にあげて高望みしすぎていることが挙げられます。「年収は700万以上」「田舎の長男は絶対イヤ」「結婚してからも共働きOK」「家事のこともしてほしい」「ブサイクはイヤ」「身長は170センチ以上」このような条件を掲げている人は少なくないと思います。本当に自分が欲している男性とは、このような条件で出会えるのでしょうか?

本当の婚活とは自分のことをまず知ることから始まります。自分のこと、自分の魂が本当に欲しているものを知る事ができれば、本来自分が望むべき理想の男性像もおのずと見えてくるはずなのです。その結果、自分が今まで条件として挙げていた男性像は、意外にも自分には全然合わない相手だった、ということがでてきます。自分のことが分かってくると、今までの婚活が何故失敗続きだったのか、理由がはっきりしてくるのではないでしょうか。

本当の自分、魂が欲することを知れば自分自身を愛し、大切にすることができます。外側の条件、外見重視の婚活から開放され、本来の自分が欲する相手と出会うためには、より一層自分のことを大切にしたいと思うことが大切なのです。あなたのことを一番よく知っているのは親でもパートナーでもなく、あなた自身なのです。あなたがあなた自身を愛することで、本来のあなたらしさが出てくるのです。

本当の自分を知り自分を大切にしていけば、あなたと同じ環境や魂のレベルを持った相手が自然と現れてくるのです。その相手は、あなたが最もイヤだと考えていた条件の男性かもしれません。それでもやはり「私が思った理想通りの男性でないとイヤだ」というのであれば、自分がまだそれを手に入れられない原因を知り、自分に不足しているものを改善するべきという現実が見えてくるでしょう。

自分のことを棚にあげ、努力をせずに高望みをしていたことが原因で婚活が失敗していたという真実がわかったときこそ、本当の婚活のスタートといえるのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る