早起き姫は表情豊かな輝きオーラ姫

あなたの午前中はどんなですか?

なかなかエンジンがかからず、どんよりとボーっとしたままお昼になっちゃう・・・なんてことありませんよね!

敏感に幸せを感じる人というのは、脳がちゃんと働いて五感をキャッチできる人ということです。

朝起きてから2時間のうちに過ごす時間が、一日の脳の働きにとってとても大切です。いつまでも活性化しない頭をのせて、その日の大半を過ごしてしまってはいけません。

まずは身体を動かしてみましょう。と言っても、ジョギングやウォーキングなどと、大げさでなくても良いのです。

もちろん、有酸素運動ができればベストですが、ベッドの中で思い切り背伸びをしたり、歯を磨きながらふくらはぎを伸ばしたり。

メイクをする時も漫然と行うのではなく、流行のブラシの使い方や、チップのぼかしなど、細かく手指を動かしてみる。一石二鳥ですよね。朝食をきちんと摂ることは言うまでもありませんが、ちゃんと朝から自分で調理することも、脳の活性化につながります。

通勤は歌でも口ずさみながら、思い切り朝の空気を楽しみましょう。雨の日にだって特有の香りがあります。鳥の声、通り過ぎるざわめき、風の音・・・感覚を開いてゆくことで感情も豊かに広がって行きます。

自分の感じるありのままを素直に心に載せてみて。ほら、自然と口元には微笑みが浮かび、「ああいい気持ち」「可愛いお花が咲いてる!」と言葉に出そうになりませんか?

会社に到着する頃には、かなり頭が回転しているはず。他の人よりも数倍元気で爽やかな、おはようのあいさつが出来そうです。

脳にとってのスタートが早いほど、感情も滑らかに、より柔らかく反応します。

朝の時間の流れを習慣化してしまえば、意識せずに「起きる」行動をするようになります。

しっかり目覚めた身体と脳は、幸せに反応する感情豊かな表情を、あなたに与えてくれるのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る