幸せを「声」にすることで魅力的な女性になる方法

どんなに顔立ちが整った人でも、常に厳しい表情で眉間にしわを寄せていたら幸せは近寄ってきてくれません。

逆に、いつでもふんわりと幸せな空気をまとっていられたら、周囲をも和らげ、人の目にはますます魅力的な女性に映るでしょう。

毎日の時間の中では様々な思いを感じますよね。いつも楽しいことばかりではありませんが、つまらないことばかりでもありません。

ほとんどが、それほど極端には変わらない生活を送っているはずなのに、なぜか人それぞれの表情には違いが出てきます。

それは、幸せを感じ取る力の違いのせいなのです。過ごした時間を「良い時間だったなあ」と感じられれば、すべてがあなたにとって有意義な人生の一瞬となります。

例えば、あるイベントが総体的にはたいした面白みがなかったら「つまんなかったなあ」でたいていは終わらせてしまう。

でも、そこで知り合えた人、会場の雰囲気、参加者の一人の言葉・・・どれかひとつでも「良かったこと」を見つけられれば、それは「良い時間」を過ごしたことになります。

ランチのお味が今ひとつだったとしても、同僚の悩みを聞いてあげられた、彼女の表情が明るくなった・・・それはあなたにとってもかけがえのない時間となります。

そんな瞬間に気づいたら、それを声に出してそっと自分に伝えてあげましょう。「良かった」「本当に良い時間だった」と自分自身に語ることで、無駄に過ごした時間はないと思えるようになります。

小さな「良い時間」で積み重なってゆく日々があなたに教えてくれることがあります。「良い時間を過ごせるって幸せ!」「当たり前だと思ってたけどありがたいな・・・」

そう感じられるあなたの口元には、きっと優しい微笑みが自然に刻まれているでしょう。

毎日をどんな風に感じて過ごすのか、それは幸せな気分をとらえるあなた自身の能力次第。魅力にひとつプラスが付きますよ!

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る