「私」だけが知っている「私のため」の優しい腕の持ち主

あなたがあなたのままでいられる、本当に安心できる人は自分にしかわかりません。そこで、過去の恋愛や毎日の感覚から、「こんな人だったら心から安心できる」リストを書き出してみましょう。

逆に、悲しい想いをさせられた、淋しくてつらかった・・・ことを思い出しても良いでしょう。それはあまり気持ち良い作業ではありませんが、やはり「私」にしかわからないことです。

例えば、

〇「邪魔だ」「うるさい」など否定的なことばを言わない人
〇デートで待たせない人
〇素直にほめてくれる人・・・

など、具体的にあげてみます。

少しくらい甘えが入っても構いません。弱みを見せられる人でなければ、とても続きませんよね。女性はよく「優しい人がいい」と言いますが、優しさの基準もあいまいです。

こういう人と一緒なら、いつでも自分を作らずにいられる、そんな彼のイメージを具象化するためにも好ましいこと、嫌な事をはっきりさせます。ただやみくもに彼氏が欲しい!結婚したい!と焦っても、大勢の男性の中から本当にフィットするパートナーと巡り合う事は簡単ではありません。

外見や条件のみに振り回されず長くお付き合いできる彼をみつけるために、自分の持つ要素と相手の内面を突き合わせてみることが必要です。

リストに映し出されるのはあなたの性格や考え方そのもの。あなたが心地よく、嬉しい気持ちでいられる人かどうかの判断材料を自分の中に持つことは大切なことです。

さあ、あなたが自然体でいられて、安心できる温かい腕の中のイメージはできたでしょうか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る