自分の中の魅力を「一つだけ」見つけるとしたら・・・?

まず自分の得意な事をひとつでもみつけて、それに誇りを持つ事。

細かい作業が得意だとか、掃除が上手だとか、なんでもいいのですが、その時決して人と比較して得意なものという考え方をしてはいけません。自分の中で得意なもの、それに対して誇りを持つのです。最初は小さな誇りでも、自分のはこれが得意なのだと意識していると、いつの日かそれが大きな誇りとなっていくのです。

すると、他の事に対しても誇りが生まれてくるでしょう。その誇りがあなたの個性を強調し、魅力的に育てあげてくれるのです。

そしてもうひとつは、他人の事を悪く思ったり、憎んだり、恨んだり、悪口を言ったりしないよう常に心がける事。他人の悪口を言ったりすると、それだけであなたの表情は崩れる事になります。また、他人を恨んだりすると、あなたの口元は歪んでしまいます。一方、優しくおおらかな気持ちを持った人の表情には、人から愛されるゆったりとした魅力があるのが分かるでしょうか。

自分を好きになるには、自分で自分の魅力を作る事です。魅力の素は、あなたの心の内部で芽を出し、それが育っていくにつれ、外面にも表れてきます。ですから、普段から心や気持ちがゆったりしている事が大切。これが精神論だと言えます。

次に技術論です。鏡に向かって自分の一番素敵だと思う表情を研究してみましょう。ナルシストだなんて思わないで、まず自分を知る事から始めるのです。そうして自分の一番魅力的な表情が分かったら、それをいつも意識してみましょう。

他人の魅力的な表情にはすぐ気が付いても、自分の魅力的な表情って自分ではなかなか気づかないものなのです。見つける事が出来たら意識しましょう。とにかく自分を知る事こそが、自分を好きになる一番の近道なのですから・・・。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る