コンプレックスをチャームポイントに変える魔法の思考

いつも一番気になるところが、あなたのチャームポイント!?自分では欠点だと思っている所であっても、そこがあなたのチャームポイントかも知れません。

例えば、一重まぶたにとてもコンプレックスを感じているとします。友達のくっきりとした二重まぶたをあなたはうらやましく思っています。二重だったら、もっと優しい表情を見せられるのに、一重まぶたのせいできっと性格もきつく思われているのかもしれないと、このように考えているかもしれません。

でも、その一重まぶたこそ、あなたのチャームポイントなのです。マイナスだと思っていたとしても、そこがチャームポイントです。そう言われても・・・どうすればいいのか分からない・・・でも、答えは明確!その部分を際立たせれば良いのです。

丸くてぽっちゃりした顔の輪郭にコンプレックスを感じているとしたら、その丸っこい顔の輪郭こそ、もっと愛情を注いであげるべきと言えます。あなたのその愛情が、顔の丸っこい輪郭を他人にはない魅力に育てていくのです。自分で欠点だと思っている部分が、実は一番個性的といえるのではないでしょうか。

スーパーモデルといわれる人たちを良く見てみましょう。確かに美しく、綺麗と言えます。しかし、その中にひとつ何か違和感を感じさせるような部分がある事に気づきませんでしょうか。全体の中でちょっとアンバランスな部分です。たとえば、目つきが極端に鋭い、鼻がすごく長いなど普通に見ればコンプレックスになりそうな部分を持っていると言えるでしょう。

でもそれがそのスーパーモデルの魅力になっているのです。普通の暮らしの中では嫌だと思ってしまう部分が、逆に美しく際立っていると言える好例。「もしあなたが、自分のある部分にコンプレックスを感じているなら、そこがチャームポイント予備軍だと理解してみましょう。そして、意識してあなたらしい美しさを育てるのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る