控えめな性格だからこそ時には派手さも必要

食べ物に好き嫌いがあるように、人によって目立つ事が好き、目立たな
い事が楽なのかは異なると思います。子供の頃からいつも控えめでずっ
と目立つ事もなかった、人前に立つのは大の苦手だったし、クラスの委
員長になんか絶対なりたくなかったと思っていませんか。

でも、それって本当の気持ちなのでしょうか。そんな自分に本当に満足
していると言えるのでしょうか。控えめな人というのは、本当の自分の
魅力をまだ発見していない人が多いようなのです。才能があるにも関わ
らず、それに気付いていないと言えるでしょう。

いつも控えめな人というのは、話かけてみると、こちらがびっくりする
ような意見を口にする事も多いもの。最初のうちはやはり引っ込み思案
で、ぼそぼそという感じで話すのですが、少し慣れてくると自分の考え
を披露したりして、その発想のユニークさに驚かされる事も度々ある事
でしょう。

逆に、いつも派手な人は、案外浅く広くの場合が多いもの。何かについ
て深く知っているというよりは、色々な事を少しずつ知っているのです。
発想も、ユニークというよりは奇抜なものが多くて、まるで一瞬の爆発
という感じがすると思います。もちろん全ての人に当てはまるものでは
ありませんが、往々にしてそんな感じがするのです。自分が派手なのか、
地味なのかという事は、おそらく自分でわかっているはずです。どちら
が良くて、どちらが悪いというものではないという事も言えるでしょう。

控えめな人というのは、小さなグループの中の方が居心地が良いのか、
いつもそんな場所にいるようですが、時には意識していつもとは違う自
分を演出してみてはいかがでしょうか。服装を思いっきり派手なものに
したり、いつもなら絶対にやらない事をしたりして、自分に刺激を与え
てみるのも楽しいでしょう。派手も地味も自分表現の一つです。気軽に
両方を使い分ける事が出来たら、あなたの魅力もより一層輝く事でしょ
う。

関連記事

ページ上部へ戻る