服装はあなたのキャラクターを表す体の一部!?

恋愛対象にしても、ある人にとっては苦手なタイプも、他の誰かにしてみれば好みのタイプだという事もあるでしょう。そして誰もがお互いに「この人以外の人なんて考えられない」という人に出会い、お似合いのカップルになるのです。「捨てる神あれば、拾う神あり」という諺があります。世の中はうまく出来ていて、見捨てる人がいれば、救ってくれる人もいるから、くよくよする事はないという意味です。

まさにその通りで、服にしても、自分には絶対似合うはずがないと思う服も、他の人が着ればベストフィットというものがあります。逆に、他の人が着たらまったくイメージが合わないという服が、あなたにとてもよく似合うという事があるかもしれません。

そして、あなたが選んできた服を考えてみると、ひとつの傾向があるはず。時には、遊び感覚でちょっと違うイメージの自分や、新鮮な自分を感じたいと思って選んだ服もあるでしょうが、あなたの選んできた服は、すでにあなたのキャラクターの一部になっているでしょう。

何かの機会に、プロのスタイリストにアドバイスを受けて、その通りにしたとしてもそれはきっと一時的なものになるはずです。そのときは満足したかもしれません。それはその瞬間を、見事に演出してくれるからだと言えます。

ただ、どんな服を身に着けても、どうしても普段のあなたの感覚や好き嫌いが出てくるもの。それで充分なのです。それがあなたの個性。時に違うイメージの服に挑戦する事は、あなたをもっと魅力的にすることでしょう。そこでそれを維持できるのであればそうして、維持できなければ、通常の姿で良いのです。誰かに何を言われてもあなたはあなたなので変える必要はないと言えるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る