向上する意識が大切~魅力的になろうという美学~

男性にモテる女性であるためには、男性を理解し、認め、時には慰める優しさを持っていなければなりません。そんな「自分を包み込んでくれる女性」と関係をもった男性は、自身の「男としての魅力」を確認しただけでなく、その女性を「彼女にしたい」と強く思うようになるでしょう。しかし、それだけではモテる女になれません。

何故なら、自分の存在を肯定し、包み込んでくれる優しさを持った女性が、「女性として魅力的でない」、あるいは「認めるに値しない人」だったら、男性としてはあまり嬉しくないからです。

たとえば、あなたが誰かに誉められたとしましょう。その誉めてくれた人が魅力的な人なら嬉しさも人一倍ですが、魅力的でない人に誉められたのなら何故かあまり嬉しくないのと同じことです。つまり、確実に男性の心を掴みたいのであれば、あなた自身が「魅力的な女性」でなければなりません。

そのためには「魅力的な女性になる」という意識を強く持つ必要があります。その意識を持つだけで、あなたは以前のあなたから成長するのです。

「魅力的な女性になる」と意識することで、ファッションに気を遣うようになるし、魅力について勉強をして知識を得るようにもなります。また遊びや仕事においても人付き合いを盛んにすることで視野が広がるでしょう。そして、このとき「魅力的になんてなれない」と諦めてはいけません。諦めた時点で魅力的な女性にはなれません。

しつこいようですが、「魅力的な女性になる」と意識して行動すること、たったそれだけのことで、どんな女性も多かれ少なかれ「魅力的な女性」になれるのです。ここでいう「魅力的な女性」というものは、「【魅力的な女性】になろうとしている女性」を意味します。そもそも、初めから「魅力を持ち合わせている女性」なんてこの世にはいません。

男性の場合もそうです。決してイケメンではないのに、「魅力的な男性」は多くいます。それは、その男性が「魅力的な男性」であろうと意識しているからです。それとは反対に若くてイケメンでも「魅力的な男性」であろうと意識していないせいで、期待はずれのダメ男だったということも珍しくありません。

「魅力的な男性」であろうとしている男性の会話や立ち振る舞いなどの仕草ひとつひとつが、その男性なりに努力した結果というわけです。そして、それが彼なりの「男の美学」となり、周囲の人を魅了することになるのです。そしてそれは女性にも当てはまります。

「魅力的な女性になろう」と意識したとき、自分なりの美学が生まれます。それに基づき動き出したとき、あなたは「魅力的な女性」を始めたということになるのです。そして、あなたなりの美学を男性が理解し、尊敬したならば、男性はあなたを自慢に思うようになるでしょう。

男性を理解し包み込む優しさと、あなた自身の魅力を備えること・・・これらを実践することができれば、あなたが「モテる女」となるのは時間の問題と言っても過言ではありません。

関連記事

ページ上部へ戻る