伝えたいことをしっかり伝えるためには?

「伝えたいことがあるのだけれど、半分もうまく伝えられない」そういういうもどかしさを経験したことがきっとあるのではないでしょうか?

そういうときは、まずペンと紙を用意してください。そして、自分の思いつくことを思いつくまま書いてゆくのです。つらつらと書いていくと、何となく、自分が何を考えているのか分ってきませんか?そうです。それが、あなたの伝えたいことの地図となるわけです。

そもそも、伝えたいことがうまく伝えられない原因は、自分でも何を考えているのかよくわからないというところにあります。

逆に、人に話をすることによって、自分が何を考えているのか明確になったりすることってありますよね?それは、要するに人と話をすることで自分の思考に整理をつけているわけです。気づいていないだけで、人に話をしたいということは、自分に対する単なる確認作業なのかもしれません。必ずしも相手に伝えたい内容なわけではないのです。

彼に伝えたいことがあるのに伝えられなくて、ヤキモキしているのでしょうか?もしかしたら、彼もあなたが何を言いたいのかわからなくて、ヤキモキしているかもしれません。

しっかり話を聞いた揚句、自己完結されてしまうと、何のために話を聞いたのか分らなくて、彼は混乱しているかもしれません。話したいことがあるけど、うまくまとまらない、というときは、冒頭にも述べましたように、とりあえず書いてみて、自分の頭を整理してみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る