「出会う努力」をすることが、「追われる素敵な女」への第一歩

恋愛の始まり方の理想は、「男性が追って、女性は追いかけられる」というカタチ。周りのカップルたちを見回しても、女性から追いかけて成功した例は1割にも満たないように感じます。

しかし、今どきの受身な草食系男子に物足りなさを感じ、「やっぱり積極的に追いかけてくれる肉食系男子こそイイ男!」と再認識している女性も多いのではないでしょうか。

だからといって、ガツガツと女性から男性を追いかけていくのは禁物!

狩猟本能から本来的に男性はどうしても見初めた女を追いかけたい生き物なので、こちらから仕掛けていくと、闘争意欲を消失してしまいかねません。

じゃあ、一体どうしたらいいのか。

答えは一つ。あくまでも「受身スタイル」の中で、自分の好みの男性に「見初められ、追われる」ように持っていくこと、です。既に好きな男性がいる方はぜひ、「追わせること」を意識したアプローチを開始してください。

では、見初められようにも、そもそも好みの男性との出会いがないんだけど、という女性はどうしたらよいのでしょう。婚活最盛期の現代、競争率の高い白馬の王子様は出現した途端に、入れ食いのように貪欲な女性たちが群がります。ただ待っているだけでは、一生出会えないといっても過言ではありません。

アプローチすべき男性がいない段階のあなたがまずすべきことは、まず「出会いの場にエントリーする」ことです。

就職活動や受験を思い出してください。まずは志願書を出したり、エントリーしたりしないことには、その戦線に加わることもできなかったはず。スポーツや研究など図抜けた才能を持ち、推薦入学やヘッドハンティングなどがない限り、エントリーもしないのに、入学・入社できた人はいなかったはずです。

そう思って覚悟を決め、ぜひ積極的に出会いの場にエントリーしてください。

手段はいくらでもあります。友人・上司の紹介、合コン、イベント、結婚相談所などへの登録など、「THE出会い」といったものから、趣味のサークルや異業種交流会など異性との接点につながるものであればなんでもかまわないのです。可能であれば、「初対面」もしくは「ほぼ初めて親しく話す」男性と出会える場に、「月に2回以上」出向きたいところです。

なぜ、ほぼ初対面でなければならないか。それは普段あなたが接している人たちは、基本的にはあなたの人となりを既に理解して、受け入れている人たちだからです。そのいわば「ぬる
ま湯」の中にいつまでもいると、新しい出会い・コミュニケーションにへの感度がいつの間にか鈍ってしまいます。

感度が鈍ると、自然とメイクやファッションなどにもゆるみが出ませんか?「ぬるま湯」の中にいる人たちには自然体として受け止められても、外の人たちには「なんかダサい人」としてしか映らないでしょう。そんな女性を、果たしてイイ男が、「素敵だな」と思って追いかけてくれるでしょうか?

今ある人間関係の中に恋愛に発展しそうな人がいるならばそれでいいでしょう。しかしそこに恋はない、と自覚できている賢いあなたには、今すぐ、その「ぬるま湯」環境以外にもあなたの場所を求め、開拓していっていただきたいのです。

本気で結婚したいと思うなら、出会いがないと嘆く前に、自ら出会いの場へ出向き、出会う努力をしましょう。そうやって自ら刺激を創り、素敵でい続けることが、「追われる素敵な女」への第一歩です!

関連記事

ページ上部へ戻る