出会いの場では群れずに、「話しかけられる」ための演出を!

出会いに有効なのは合コンかもしれないけれど、なんかもう飽きたな。一緒に参加する同性に気を遣うのもめんどくさいし・・・。

そんな方にお勧めの出会いの場は、イベントやパーティーですね。

近年、お見合いパーティーや街コンなどのイベントが飛躍的に増えています。大人数の集まる場所はなんとなく苦手、という方もいらっしゃるかもしれませんが、それは「みんなと和気あいあいとしなければいけない」という思い込みからきていませんか?

異業種交流会などであればいざ知らず、「異性と出会うこと」を目的としたイベントやパーティーならば、「その場のみんなと和気あいあい」する必要なんてないのです。

必要なのは、「男性と出会うぞ!」という決意、それだけです。

では、いざ参加してみましょう。

誰と一緒に行きましょうか?

お勧めは、グループよりも二人、できれば気の置けない友人がいいですね。もちろん、一人参加も平気!という方はお一人で参加されるのもとてもいいと思います。

もし複数人で参加した場合、絶対にNGなのは、そのメンバーだけで盛り上がること。これは、男性が話しかける余地が全くなくなってしまう、とっても損な行動です。自分たちだけの世界に入らず、男性に意識を向けておきましょう。

このとき漁るような目で男性たちを品定めするのも厳禁です。

そして、場に馴染んできたら、心細くても一人になってみましょう。大勢の場所で一人になるのはちょっと苦痛ですよね。すぐお手洗いに行ったり、ケータイをいじったりしてしまいたくなります。

でもそれでは、何のためにそこにいるか分かりません。ぐっと我慢して、一人になり、それでいて寂しそうに見せないこと、これが重要です。

時々、寂しそうな女性を放っておけない男性もいますが、そういう男性は他の寂しそうな女性も構いがちです。それに、あなたが男性だったと考えてみて、話しかけてみたい女性はどんな人か、想像してみてください。暗い表情の女性より、少しの時間でも、楽しく笑顔で会話できる女性の方が魅力的なはずです。

また、男性から声をかけられるのを期待して、そわそわするのもいけません。

一人で、その場から浮きすぎず、楽しそうに参加している。一人なんだけど、寂しそうじゃない。ギラギラしてはいないけど、殻を作っているわけでもない。

今は微笑んでるけど、話しかけたら、もしかしたらもっと、笑顔になってくれるんじゃないかな。

そんな演出をしてみてください。

気になった男性が、どこかのタイミングできっと声をかけてきてくれるはずです。

そして、この「声をかけさせる」というのがまた大事なのです。男性は「追いかけたい」ものですからね。

また、二人の場合も、二人組の男性が声をかけやすいですので、やはり楽しそうに、でも二人だけで盛り上がらずにその場にいる、という演出をしてみてくださいね。

出会いの場での正しい振舞い方は、一人で、素敵に、話しかけられるようにたたずむこと。

そんな自分を演出してみてくださいね!

関連記事

ページ上部へ戻る