「funny」じゃなく「interesting」な女性になろう!

さて、ここで英語のお勉強です。

次の英語を訳しなさい。

She is interesting!

正解は、「彼女は興味深い人です」。

「彼女は面白い人です」と訳したあなたは、△です。

ineterestingの対訳として、確かに「面白い」という単語も出てきますが、そのニュアンスは「関心や興味を起こさせる」というもの。日本語の「面白い」はどちらかというと「funny(こっけいな)」のニュアンスも含みますよね。でも、interestingには、funnyの要素は一切ありません。

恋の場面で目指すべきは、「interesting」な女性。決して、「funny」な「笑いをとる」女性になってはいけません。

恋人との会話に、オチは必要ないからです。大切なのは、会話を、続けられること。オチをつけようとすると、会話ではなく、単にあなたの話術の披露になってしまうからです。

思い浮かべてみてください。合コンなどで、最終的に男性の人気を集めるのはどんな女性でしたか?

・自分よりも参加者全員が楽しく過ごせるよう、360度気を遣う幹事?
・掴みのある話題で、常に笑いの中心にいた女性?
・男性の話にいちいち「すごーい」と合いの手を入れた女性?

この中にはいませんでしたよね。うまくその場に馴染んで、笑顔で会話していたあの子ですよね。中盤から、1対1で楽しそうに話していた男性といい感じになったのも、あの子ですよね。

そう、たいていの男性は、女性に「笑いをとること」を求めていないのです。

笑いを取れる女性が一人いると、確かに助かります。話題が詰まっても、その人が切り盛りしてくれるし、雰囲気も悪くならない。そして、なにより、その人はライバルにならない。

心のどこかで、「笑いのとれる」女性は、男性の恋愛対象になりにくいということを、分かっていませんか?

それならばなおのこと、あなたがその立ち回りをしてはいけないのです。

恋の場面は二人で作るもの。決してあなたの独演会ではありません。

もちろん、社会人であれば、会議やプレゼンの場など、起承転結を自ら生み出さねばならない局面も多々あるでしょう。

しかし、恋はビジネスではないのです。恋の場面まで仕事を持ち込んでどうしますか?

男性は女性との日常の会話に、「オチ」や「笑い」を求めているわけではありません。欲しいのは、安らぎと、和みと、ときめき。そして笑顔。

それに答えられる女性が、彼との恋愛を楽しむことが出来るのです。

「お笑い担当」の「funny」な女性ではなく、「この子、面白い」と「関心を持たれる」、「interesting」な女性になりたいですね。

関連記事

ページ上部へ戻る