接点の少ない彼に意識してもらうための方法は?

自分と接点の少ない相手のことを好きになった場合、あなたはどうしますか?

自分には無理だ・・・と思って諦めますか?それとも、思い切って猛アタック?

実は、あきらめる必要はないのです。しかし、かと言って、いきなりよく知らない人からアタックを受けたら彼もびっくりしてしまいますよね。

それではどうすれば良いのでしょうか?

あまり接点のない相手とお近づきになるためには、何よりも相手に自分のことを印象づけることが大事。そして、「この子、俺に気があるのかな?」と思わせられればばっちりです。

この記事では、あまり接点のない彼に振り向いてもらうための技についてご紹介します。

○目を合わせる

ふとした時に目が合う相手のことは、いやでも印象に残ります。学生時代のことを思い返してみてください。好きな人や友達同士で目配せをした経験などはありませんか?

このように、目を合わせることはコミュニケーションをする上で一番大事なステップなのです。

もちろん、無理にじーっと見つめ続ける必要はありませんが、「何だかよく目が合うな」程度に思わせられればOK。そうすると、彼は無意識のうちに「もしかしたら自分のことが好きなのかも?」と思ってくれます。

○距離を縮める

よく目が合うようになったら、次のステップに進みましょう。少しの用事でも積極的に彼に話しかけることが大事です。そのときのポイントとしては、いつもよりほんの少しだけ近くで話をすること。この、ほんの少しだけというのがポイントです。

べったりくっついてくるわけではなく、かと言って離れているわけではない、もどかしい距離を意識しましょう。
隣同士で座る場面があるようなら、数センチだけ間を詰めるのもいいかもしれませんね。

距離が近い相手のことは、自ずと意識してしまうもの。彼にあなたの存在を意識してもらうことができると、付き合えるチャンスはぐっと上がりますよ。

○スキンシップを増やす

誰でも、自分に触れてくる相手のことは印象に残るものです。コンビニで買い物をするときのことを考えてみてください。素っ気なくお釣りを渡してくる店員さんと、手の上に丁寧にお釣りを載せてくれる店員さん。当然、後者のほうが好感をもてますし、また印象にも残りますよね。

これを応用して、例えばペンやメモなどのちょっとしたものでも、すこしだけ丁寧に渡してみるのが良いでしょう。軽く手が触れる程度の距離感がコツです。

また、何かの折に軽く背中をたたいてみたり、並んで歩くときには肩が少し触れるようにしましょう。

異性に触れられるとドキっとするのは、男性でも女性でも同じこと。それをうまく利用するのです。

ただし注意すべきことは、あまり露骨にベタベタしないこと。男性は露骨に好意を伝えてくる女性を苦手に思いますし、「誰にでもベタベタする女性」だと思われて引かれてしまうことも少なくありません。

あくまでも「軽いスキンシップ」ということを覚えておきましょう。

○SNSを有効活用

そもそも喋ったり並んで座ったりする機会がないという方は、SNSを有効活用するといいかもしれません。

フェイスブックであれば、彼の投稿に「いいね」を押してみたり、ツイッターならお気に入り登録をしてみたり。

もちろん、毎回だとちょっとしつこく思われてしまう可能性もあるので少しは遠慮しなければいけませんが、こうして彼の投稿に反応をきちんとすることで、「あまり会わない相手だけれど、この子ってどんな子なんだろう?」とあなたのことを気にかけてもらえるようになりますよ。

どうですか?

あまり接点のない相手とでも、コミュニケーションの技をうまく応用すればちゃんとお近づきになることができるようですね。これらの技をうまく組み合わせて、彼の心をぜひゲットしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る