合コンで敵を作らずにアピールする方法!女子に嫌われないにはどうすればいい?

出会いの場といえば何よりも合コンが頭に浮かぶ方も多いと思います。

でも合コンってけっこう緊張しますよね。男性からどう思われているか気になるのはもちろんのことですが、同性の目もなかなか厳しいもの。

男性ウケばかりを考えていると同性の敵を作ってしまうし、当り障りのないように振る舞うと恋愛には発展させられません。

そこで、敵を作ることなく男性にアピールする方法についてまとめてみました。

大事なことは小さめの声で話す

男性の耳元に口を近づけて話をすると、露骨なアピールとして同性には引かれがち。そこで、会話の肝心な部分を小声にしてみましょう。

そうすると男性の方から聞き返してあなたに近づいてきてくれるので、これなら誰にも文句は言われませんよね。

ただしあまりにも同じことを繰り返していると作戦がバレてしまうので、ここぞというときにだけ使うようにしましょう。

2人きりになったときにアピール

「私、○○さんのこともっと知りたいです」なんて台詞、言ってみたくても同性の目があるとなかなか口には出せません。

そこで2人きりになったときにアピールしてみましょう。

例えば、気になる男性がトイレに立ったときに自分もついていき、他人の目がないところでさりげなく話しかけてみたり。

偶然を装うのがコツですよ。

さりげないボディタッチ

ボディタッチは男性には喜ばれますが、同性に目撃されれば当然のごとく嫌われます。

そこで、机の下など見えないところでさりげなくボディタッチをしてみましょう。膝の上などがいいかもしれませんね。

誰にも気づかれていないという事実が、逆に2人の距離を縮めてくれるかもしれません。

帰り際に「ありがとう」

お礼をきちんと言える人は必ず好かれます。

帰り際、特にたくさん話をした相手には「ありがとう」とお礼を言いましょう。また、自信のある方はついでに「今度はもっと○○さんとお話したいです」という言葉を付け加えられるといいですね。

いかがでしたか?

控えめだけどちゃんと気持ちが伝わるアピールをすれば、今度は気になるあの人が2人きりで飲みに誘ってくれるかもしれませんよ。

関連記事

ページ上部へ戻る