告白はされるもの!大人の知的恋愛のススメ

誰かが誰かを好きだという雰囲気は、なんとなく周囲にわかってしまいます。社会人としては職場恋愛などでなくても、自分だけでなく相手や周囲のことまで考える知性をもって恋愛をしたいもの。言ってみれば知的恋愛です。

例えば職場にいる相手に告白したりされたりしてうまく行けばいいのですが、うまく行かなかった場合、周囲にも気まずさが伝わり、気を遣わせてしまうのはスマートではありません。

もしOKする気がない相手なら、告白されないように気をつけてください。デートをしてもおつきあいする気がないのなら、会わなくするなどしてあなたから先に去りましょう。告白されなければ相手を傷つけることもありませんし、関係がぎくしゃくすることもなく、周りに気を遣わせることもありません。

もし告白したい相手がいる場合でも、女性であるあなたから告白すべきではありません。男性は本当に好きになったら、どんな草食男子であっても必ず告白してきます。

特に素敵な女性の競争率が高いことは男性もよくわかっていますから、本気であればあるほどすぐにつきあおうとします。男性の行動にはこのような傾向があるため、「つきあっているのかどうか曖昧な関係」は、つまり本気ではないと思った方がいいでしょう。

甘い言葉を使って「欲しいものだけ」手に入れようとする男性もいます。でも、きちんと告白されるまではあくまでお友達と認識し、曖昧な状態でスキンシップなど絶対にしないようにしましょう。

もし「つきあっているのかどうかわからない関係」があるなら、今すぐ連絡を絶ってみるのもよいかもしれません。あなたが態度を変えても正式につきあおうとしないなら、彼の想いはその程度ということです。残念ですが事実を受け入れ、もっとあなたを愛してくれる人を探しましょう。

デートやメールをどんなに重ねても、男性から正式におつきあいを申し込まれていないなら、恋人とはいえません。告白こそ、男性が本気であるという証拠。それをきちんと受け取るまでは、女性から告白してはいけないのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る