【恋愛雑記002】遊んでくれないくせに、友達と出かけると嫌がるのは?

やっとのことで、大好きな彼女の彼氏になることができた男性が、嫌な気分のわけがありません。

憧れのお姫さまを独り占めできるのですから。

だがしかし・・・。

そうしてお姫さまは、王子さまと倖せに暮らしました。

ここで王子さまは「あとはどうすればいいの?」に、なってしまうのです。王子さまはお姫さまを求めて、さまざまな物語を乗りこえます。乗りこえて、乗りこえ終わったら・・・。

「王子さまはお姫さまと、おとなしく生活してればいいじゃないのよ」

と、女性は考えてしまいますが、

王子さまは、それではおさまらないのです。

ゲームソフトを一つやりつくして、「ああこれで満足、もうゲームはしないぞ」なんて男性はいません。

次から次へと新しいゲーム、つまり物語と冒険を求めるのが男性なのです。

あなたの王子さまも、常に物語と冒険を求める男性です。

「お姫さまは見つけた。ああ良かった。次の冒険をしたいな」と考えている王子さまに、お姫さまが「一緒に遊ぼうよ」とくっついて歩いたり、追いかけたりしたら・・・、王子さまは「お姫さまはいつでもいてくれるぞ」と油断してダレるか、悪くするとお姫さまがうっとうしくなって「新たな冒険を探そう」と考えてしまいます。

王子さまの顔色を伺わなくていいです。勉強も遊びも仕事も、ちゃんと行きましょう。

王子さまはきっと「いったい、どこに出かけるんだよ」とお姫さまを追いかけ始め、次の物語が始まることでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る