【恋愛雑記015】男性は女性に対して絶対の主導権を求めている!?

男たるもの、『女子供を護るリーダーであるべきだ』みたいな風潮は、まだまだ根強いようです。

男の子には青を着せて、女の子にはピンクを着せるもの。男の子は活発でないと、女の子はおしとやかでないと。他にもいろいろ、男の子だから女の子だからと決めつけられることはたくさんあります。

男性には男性なりの苦労があるようで、「男性だから親分肌でいろ、男性だから女性をリードしろ」と一律で決めつけられるのは迷惑だし、困ることのようです。

個人それぞれの性格というものがありますから、「女性に対して絶対の主導権を握りたい」と思っている男性ばかりではないそうです。

映画に行こう、ゲームをしよう、レストランに食事に行こう。

いろいろ言うかもしれませんが、女性が思っているほどには、男性には主導権へのこだわりはないそうです。ふつ~に接すればいいそうです。

このへんに、おすすめのプラモデルの店ってある?

男性にそう聞かれて、極上のがある、と引っぱっていったことがあります。

ある町に、画廊のように上品なしつらえの店があったのです。だいぶ前に閉店してしまいましたが・・・。

女性が男性を連れてプラモデルショップへ行くという図になりましたが、全くこだわる様子はありませんでした。

画廊のようにキレイな造りのプラモデルショップは、もう一軒、知っています。その時とは別の町ですが、現在もあります。今度も誰かを連れていくかどうかは分かりませんが・・・。

関連記事

ページ上部へ戻る