【恋愛雑記023】彼の部屋に泊まることに成功したあなたへ

まずは、おめでとう、やったねと申し上げます。私にはできないし、やる気もない・・・。と言ったら怒られそうですが・・・。

目的の男性と二人きりで飲みに行って、あら終電がないわと言い出す・・・、そしてそのまま、男性の部屋に乗り込んでくる。そのような女性は実際にいるそうで、でもどんなに偶然を装っても「意図的だね」と、目つきでわかるそうです。

なりたい自分に向かって、物語と冒険を求めて生きるのが男です。

男性にとって、あなたはその物語の登場人物にはなれません。

もし物語を持たない男性がいたらそこからどうするのか、私はそういう男性の知り合いがいないので、知りません。

それにおそらく、あなたは一つ、忘れていることがあります。

その男性は、誰かの息子であり、誰かの兄弟なのです。

私には義理の兄貴というのがいて、少し年上の、親も同然の存在でした。

この兄貴の一人暮らしのところへ、ちょっとおかしな女が通っていました。兄貴のほうでは、まったくその気がないのはわかっている。

ガキじゃないんだからどうとでもしろと、ほっときましたが。

ただ、その女が私から、かなりの怒りをかっていたことは、知っておいてください。

男性は、カッコイイ俺に向かって、顔を上げて生きていますが、一人孤独に生きてるのではありません。

あなたは彼をどうやってオトそうかと作戦立てていたのかもしれませんが、男性はターゲットではありません。誰かの大切な息子であり、兄弟であり、時には父親なのですから・・・。

関連記事

ページ上部へ戻る