【恋愛雑記030】男性は、信頼に足る女性に対して子供返りする

男性が女性に対して一定以上の信頼をおくようになると、子供返りします。

世の男性の性格は、一人ひとり、すべて違うのですから、「子供返りすることがあります」と、書くべきところかもしれませんが。

女性と話すとき、当然ながら、男性は話題を選びます。

女性を傷つけたり、不快な思いをさせないよう、話題一つずつを考えに考え、言葉を選んで話しているのが男性です。話題を変えるとき、「次にしたい話は、女性相手にしてもいいのかなぁ」と考えるので、無意識に、いったん視線がどこかに行きます。

そういう時は、あたりさわりのない話かどうか、考え中なのです。

それからこちらを見て、「あの映画見た?良かったでしょ?」と来る。

これが、女性をある程度以上信頼すると、良い意味で、男性は話題のジャンルを選ばなくなります。話題が変わるとき、視線が動かない。こちらを見たまま、目がうろつかないまま、次の話をする。

迷いがなくなるからです。何を話しても、こいつは大丈夫だって信頼している。

※ごくまれなケースですが、この信頼が方向性を誤ると、「何を話しても大丈夫」ではなく「どんな話題もOK」になることがあります。あたしを女と思ってないでしょ~!の話題になり、正直迷惑です。

話題を選ばなくなるほかに、もう一つ。

「どちらの自分を見せるか」を、選ばなくなります。

・「カッコイイ俺」で固めた、表の自分。

・「カッコイイ俺」で固める前の、ホントは弱気で子供じみた自分。

油断するのかなんだか判りませんが、その両方の自分の、どちらで過ごしてもさしつかえないと感じるようです。

関連記事

ページ上部へ戻る