【恋愛雑記041】男ウケしようとする女は、男にウケない、もちろん女にも・・・

「女は女を見ている」という言葉があります。

女は意外と、男に関心がない。町を歩くときだって、女ばかり見ている。

これはなぜか、ほんとうにそうです。

私自身がそうなので・・・。

道を歩いていて、どういう女性が歩いているかは見ますが、どういう男性が歩いているかは視界に入っていません。ばっちり決めたスタイリッシュな女性なんか歩いてくると、「むむ、おぬしやるな」の気分になる。

彼女が通ると、緊張しちゃって、口をきくこともできない。女性の私でもそうなるような、美しい女性というのはいるものです。だから、男性からどう見えるかで自分を選ぶ女性は、他の女性から非常に珍しがられます。

男性には、こんな風にしゃべってみせればいいかしら。これを着たら、男性から可愛く見られるかしら。

女友だちと話すときも、「私は男性から見ると、こう見えるの」。

やるなとはいいませんが、そういう女性を男性が好むかどうかは疑問です。大の女嫌いで知られているあいつが、ついに女を好きだと言った!

その彼が「あの女性が好き。気に入った」と言いだした女性は、彼に近づこうと必死な女性ではありませんでした。

彼からは遠く、手の届かない存在といってもいいような女性。

後日、ふられたらしいのです。

惜しい!

関連記事

ページ上部へ戻る