【恋愛雑記043】男と女は、何も言わない、黙って手を組んで、共に戦う

男性と女性の間に友情はありえるか。

そういう議論をする人がいます。

昔は恋人で、その時のは愛情で、今は恋人じゃないけど、仲良しだから友情で・・・とか、なんとか・・・。本物の男性と女性の友情は、友情かどうかを問わないものです。

私の事情をここに書くわけにもいかないので、別の話いきます。

マーヤは、ハーロックの恋人です。エメラルダスは、トチローの恋人です。トチローは、マーヤが困ったとき、彼女を救おうと必死で夢中です。身体をはる、命もかける。

エメラルダスは、ハーロックが「どうしよう・・・」と立ち往生したとき、彼が再び立ち上がり歩き出すまで、全力で彼を支えます。必要なら説教もする。

トチローはマーヤと、「俺たちって、友達だよね。これって友情だよね」そんな話はしませんし、する必要もありません。

エメラルダスにとって、ハーロックはかけがえのない友です。彼女にとって、彼の代わりはいない。これは友情かしらどうかしらと考えること自体、思いつきもしないでしょう。

友情かしらどうかしらを考えるより、人間同士には、もっとたいせつなことがあるのです。

人が人をたいせつに想い、共に生きていくというのは、そういうものじゃないのです。

古い映画すぎて、おそらく誰にもわからないのですが、本当はもっと最近の映画を引きあいに出したいのですが、

適当な映画が見つかりませんでした。

申し訳ない・・・。

関連記事

ページ上部へ戻る