【恋愛雑記047】男性が挑戦して、達成できなかったとき

この女性は、自分が何を話しても笑わないだろう。

そのくらいの信頼ができると、男性は「自分はこういうことに挑戦する」と言いに来ることがあります。

言いに来るだけです。状況によりますが、たいがい電話。挑戦するから、その現場を見に来いとは言わない。挑戦のために自分が日々努力する姿も、けしてこちらに見せることはありません。

ていうか、毎日どこで何をやっているんだか、それ自体を言わない。

言うも言わないも、本人の好きにすればいいのですが、日本全国、自分一人で車を運転して飛び歩くタイプでしたから、
今現在、日本のどこにいるのかもわからないという状態です。(※携帯電話なし、固定電話の90年代です)

どうやら心配してほしいだけだね。と思って、ほっときました。

あまりにも長く連絡がないと、これは・・・ついに死んだかなと思ったり。そう思ったころに嬉しそうな声の電話が来て、「あっ、生きてるっ」と思ってしまった。

それくらい、次はこれをやる、次はこれをやるばっかり言って、青少年一人きりで、日本全国飛び歩いてるってのが、いたのです。

挑戦するぞは言うけれど、結果は言わない。

いつも「次はこれをやる」と言うだけ。

それでも様子を見ていれば、どうもできなかったことがいくつかあるねと判る。

指摘しませんでしたが。

指摘する必要なんかないと思ったのですよ。

本人は機嫌よく、日本全国、飛び歩いているんだから・・・。

関連記事

ページ上部へ戻る