【恋愛雑記054】この男性は、自分を好きにはならないと判ったら・・・

妙な男性がいました。

場所と状況は省略。

初対面いきなり、となりの椅子に座り込んで、「名前は?」と聞いてきた男性です。

電話してくるのは、いつも自分から。

いつも自分から電話をかけていることに、気がついているのか、いないのか。私のほうからは、彼に電話しようとしない。そのことには、最後まで気がつかなかったようです。

私はあなたを避けているよ。とは言わないし、あなたを避けてるよと認識させる気もなかったので・・・。

何度か大ゲンカをしたのですが、彼は電話してくるのをやめない。

もう電話するなとも言えないからね~。言うキッカケもないし・・・。

私のタイプではなかったのですが、それはそれとして、素敵な男性ではありました。

でも、タイプじゃないんだ。

こいつとは相容れないぞ、というのが、なんか判る。向こうもおそらくそうであろう、というのが、話してて判る。

なのに、彼から電話が来る。

彼とは性格も考えることも似ていて、自分がもう一人いるみたい。

互いが何に困っているか、何も言わなくても判る。

だからお互い、必要なら手を貸す、なんとしても救おうとする。

できの悪い彼氏よりは、断然、楽な人物ではありました。彼のおかげで命拾いしたこともある。人が困っている時に、自分がその人が好きかどうかの問題ではありません。

というのは、彼から教わりました。

関連記事

ページ上部へ戻る