【恋愛雑記057】男性が、というか男の子が、母親と共に生きられなかったとき

どういうわけか、私の男友だちや彼氏は、母親不在の男性ばかりです。

母親のいる男性の友人というのが、一人も思いだせない。

ただし、これには二種類いる。

母親が物理的にいない、今この世に存在しない男性。いなければいないなりに、それなりにやってますなので、おおむね普通。楽。

手ごわかったのは、彼の母親は、彼と同じ家に住んでいて、物理的にはいるんだが・・・という男性。

いい映画だと思うと、私に教えてくれる。良かったから見に行け。うんうん。いい音楽があると、ダビングしてくれる。彼、音楽の趣味がいいのでラッキ~!

自宅周辺がどんな風か、話して聞かせてくれる。

新緑がきれいだとか、近所にきれいな川があるとか、風が爽快、空が広くて気持ちいい。

他のことも、教えてくれる。

俺もついに、そういう雑誌を買うようになったぞ!

まあね。男の子は、そういう時期が来ないとまずいよねえ。

聞いて聞いて!俺、初めてそういうビデオを見たの!見ちゃったの!

すごい嬉しそうだね。大人になったってことだもんね。良かったね。

彼に自覚があるかどうか知りませんが、彼の持ちこんでくる話のひとつずつが、本当は私とではなく、彼が彼の母親と共有したいことなのです。

今思い出しても、けっこう、キツイ・・・。

関連記事

ページ上部へ戻る