【恋愛雑記060】彼が自分より年下で、しかも自分より背が低かったら?

俺、年上の女性が好きなの!お姉さん俺のタイプだから、結婚しよう!

私の前に座り込んだいきなり、そう来た青少年がいます。

彼は宣言どおり、少し年下。私より少しだけ背が低い。

私は甘ったれなので、年は同じか、少し年上がいい。自分より背の高い男性の方がいい。

さて、どうするか?

彼は私に向かって歩こうと、それはそれは必死でした。

なんとか私に追いついて、私の手をひいて、この先ずっと、どこまでも歩いていこう。

ただそれだけしか、頭になかったようです。

俺は古い曲が好きなの。こういうのや、こういうの。パソコンはこれくらいできる。まだはじめたばっかりだけど・・・。

大学院でやってるのは、こういう勉強。もうすぐ修了だから、そしたら地元に戻るから、ついて来て。

自分のことをなにもかも、私に教えようとします。

当たり前です。

彼は見つけていきなりの私の前に座り込んで、そこから始めたのですから、私がどこのどういう人間か、全く知らないのです。

だから、自分のことを教えて、私との間にどのくらいの距離があるのか、その長さを見きわめようとする。

なんとしても、この距離を埋めたい!言葉にはしないのですが、彼の思いや緊張感が伝わってくる。

無念だったのですが、諸般の事情によりこちらからお断り・・・。

大学院生かあ。いいなあ。惜しいことしたなぁ。

関連記事

ページ上部へ戻る