【恋愛雑記063】始まりは男性から、女性から声をかけてはいけない

男性が女性を見つけて、追いかけて始まった恋は、永遠です。

女性が男性を見つけて、追いかけて始まった恋は、困難だと言われます。

人の性格にもよる、と言い出すときりがないのですが、男性は生まれながらの戦略家であり、つねに戦略を展開するように物事を考え、その戦略地図の上に、自分だけの物語を作り上げます。

世界のどこを探しても、宇宙の果てまで探しても見つけることができない、彼一人にしか備わっていない、人生という物語です。

当然、その物語の中には冒険が生まれ、挑戦も求められます。

いつの日かという夢があり、その夢を達成する喜びもある。

夢を果たした男性は、無邪気な子どもに返ったみたいないい顔してますよ~、声もいい。明るい。素直。

日ごろの、『なんだこいつ』を忘れる。

日ごろは、『なんだこいつ』の奴なのです。すぐ怒る、文句ばっか、けなす、口うるさい、細かい・・・

書いていたら腹立ってきたので、やめます・・・。

そういう男性を女性のほうから追いかけて、大切に保護する。それってどうなんだろうね、という説があるのです。

それに、もっと重要なことがあって、

女性から声をかけてしまうと、男性があなたを気に入って接しているのか、あなたに声をかけられたから、仕方なくお愛想で対応しているのか、

区別できないのですよ・・・。

関連記事

ページ上部へ戻る