【恋愛雑記068】あたし、失恋したんだ、とわかってしまったら・・・

まずはふかふかのバスタオルを用意して、お気に入りのベッドにもぐりこんで、思い切り泣いてください。

ただし、この一回だけです。

二回目はやりませんから、気の済むまで、何時間でも、徹夜でも泣いてください。バスタオルがあるから、どんなに声をあげて泣いても大丈夫です。

泣くのが終わったら、忘れます。

なにが悪かったのとか、性格のどこを直したらいいのとか、それで自分を責めてはいけない。

今やることは、忘れること。それだけです。

あとは、自分で自分に優しくします。ダメージ受けたんだから、甘やかすのとは違います。

ゆっくりお風呂に入って、髪と化粧をきちんとして、いちばん気に入っている衣装とバッグと靴で、外に出かけましょう。

お気に入りのレストランや喫茶店で、ゆっくり食事を楽しみます。ファーストフードが好きなら、そっちでもいい。

美術館に行って、きれいな絵をたくさん見て、美術館のレストランにも行きます。

美術館のレストランのケーキセットは、ハズレがないからです。少なくとも、私はハズレを知らない。

帰りは花屋さんで、予算の許す限り、豪華な花束を買います。もちろんあなたの部屋に飾るためです。

ここで、

あたし、そーゆー路線はイヤだ!もっとアクティブに爽快に、スカッと忘れたい!

と思った、あなた。

そういう女性には、テーマパークです。

「あのテーマパーク」は、おひとりさまで行くと、普通2時間待ちのアトラクションが、15分で当たり前だそうです。

最近知ったのですが、ほんと驚きました。

関連記事

ページ上部へ戻る