【恋愛雑記077】二人きりのときは、二人きりでいよう

まさかとは思いますが、

彼の前で、他の男性の話をしたことって、ありますか?

近所のお店の店員さん。宅配便を届けてくれた配達の人。その辺を歩いて通ったお兄さん。

もしそういう人の話を、いつもふつーに彼にしているなら、今からでもやめましょう。

昔の彼というわけじゃなし、べつにかまわないのでは?

と思っていても、やめてください。

彼といる時はいつでも、「世界にいるのは、彼と私の二人だけ」。そういう設定で話してください。

実際には、そんなことはムリですが。「宅配便が届いたよ」も言えなくなってしまう。

用事があるとか、どうしてもの時は仕方がないですが、彼以外の男性(どんな男性でも)の話はやめてください。

ディズニー映画に、王子さまが二人出てくるようなもんです。

あなたと話している時の男性は、ディズニー映画の王子さまと同じです。

あなた一人だけにまっすぐ気持ちが向いている。あなたとのストーリーに夢中なのです。

そのストーリーに別の男性(あなたが持ち出した男性の話題)が登場してきたら、

「なんで他の男性が出てくるの?僕と彼女だけの映画じゃなかったの?」

王子さまは、その男性があなたに近づくのではないかと警戒して、あなたに集中できなくなってしまいます。

「あの人は近所のコンビニのお兄さんよ。私たちのストーリーに関係ないわ」

お姫さまがそう説明すれば、王子さまは「そうか」と納得して、一応は気にしなくなるかもしれませんが・・・。

でもやっぱり気になるよ・・・。

関連記事

ページ上部へ戻る