【恋愛雑記079】なにもしないために、ここに来る男性

男性が、何も言わなくなり、何もしなくなるときがあります。

立てた片ひざに片腕を置いて、もう片方の腕は床について、見たところくつろいだ風ですわってるので、まあ大丈夫なんだろうと思うのですが、どこか遠くを見ているような感じで、まったく動かなくなる。

のんびりしてるとか、ぼんやりしているとも違う。眠そうでもない。そういう目をしてない。

ただ動きを止めているのです。考えることもやめているのか、どうか。

そういうのを見たのは彼一人なので、他の男性にもこういう時間があるのかどうか、そのあたり、よくわからないのですが。

どうも彼は、そうやっている時間が好きらしいのですね。まったくなんにもしない時間。

彼は基本、穏やかなのですが、激しいときは、かなりに激しい人間なので。

まあ、そうやって、チャージしてるってとこでしょう。

そういう時、気をきかせて、席を外す女性もいると思います。一人にしておいてあげましょうって。

彼の場合、どうもそれを嫌うらしいのですね。

なにかしてほしいわけではない、むしろほっといてほしいのだが、一人きりにされるのもいや。そんなところのようです。

私と時間が取れるとき、彼がいちばん取りたがるのが、どうやらそういう時間らしいのです。

関連記事

ページ上部へ戻る