【恋愛雑記090】世界のどこにでもあって、日本だけにないもの

海外では、親が子どもに性教育するのが当たり前、親の義務だと聞いたことがあります。

実際、あの国のホームドラマも、この国のホームドラマも、

一瞬、自分を偽りました。正直に言います。

あの国のホームコメディも、この国のホームコメディも、子どもにどう教えようか。お前やれよ。いやよ、あなたがやってよ。

お父さんとお母さんが、いまだかつてない困りようです。いったいどうやって、この厚い壁に立ち向かえばいいのか。

考えあぐねた末、お父さんは決意します。

まかせろ、俺はこういうことはきちんとやる男だ。なにしろ俺は立派な父親だからな!

息子、こっちへ来なさいとリビングへ呼びつけて、向き合ってはみたものの、あ~う~、いい、もう部屋に帰りなさい。

息子はなんだったんだろう?になって、自分の部屋に帰っていきます。

これが娘だと、

わかってるわよ~! もうクラスのみんな知ってるもん、ちゃんとやるって大丈夫、お父さんが心配するようなことやんないから。だからもういいでしょ、お父さん。終わり終わり!

あっという間に、自分の部屋に帰ってしまいます。

そんなんばっかり、やってます。

もうこのパターン何度見たんだか、いいかげん飽きてます。どこの国も同じなんだもの。

でもなぜかこれが、日本のホームドラマだけは、見かけないのですね。

日本の親は、自分で自分の子どもに性教育をするのはイヤで、自分の子どもの性教育を、あんなビデオ、こんな雑誌に任せるのはイヤじゃないんだね。

と、言われたことがあります。

関連記事

ページ上部へ戻る