【恋愛雑記092】彼の言ったこと、プロポーズなんでしょうか?

そうじゃないかな~と思うんだけど、なんかよくわかんないよね。

彼、あんた美人だ、とは言ってたけど、そんなの男性は、誰にでも言うからね。ああ言われても、わかんないよね。

彼的には「衝撃の愛の告白」だったみたいね。彼の基準では。

あれじゃ、言われたほうは全くわかんないよね。

彼もともと、はっきりしないし。

なんか、キャラクター全体、ぽや~っとした感じだよね。「やるときゃやります」のタイプだよね。

でもねえ、彼、お話の人なんだから。

そんな真剣に、彼はなぜああなんだ、とか、なにが言いたかったんだろう、なんて、考えたって仕方がないの。時間のムダ。

・・・ごめん。失言だ。私が悪かった。謝る。

あなた、あの映画の主演女優だもんね。

謝るから、そこの犬みたいなの二頭、黙らせて。おっかないから。

しかし、でかい犬だねー。怖いわ。

いいこと教えるから、機嫌直して。

新宿の映画館で、英語吹き替えバージョンの彼を観たの。声の担当がハリウッドの男性俳優で、これがもうカッコイイの!

声違うだけなのに、日本語版の彼と、全然違う。しゃっきりしてる。りりしい。勇ましい。これぞニッポンのサムライ!みたいな。

あたし、惚れてしまうかと思った。危なかった。

あっちの彼なら、ずばっと言ってくれるかもよ。

結婚しよう!山なんか出て、俺とタタラ場で暮らしてくれ!

英語だけど・・・。

関連記事

ページ上部へ戻る