【恋愛雑記093】男性が男性をほめたたえるとき

あいつはいい奴だ。こいつはダメな奴だ。

他の男性を上げたり下げたり、その話ばかりしている男性がいます。

なんでまた、あいつもこいつも他人を裁いてるのかね、こいつは。お前は裁判官か。

というようなタイプです。

すいません、私、一応女性です。もっと美しく書きます。

なんでまた、あなたさまは他の皆さまを裁いていらせられるのですか。

だめだ、たいして変わらん。

ちょっと聞いてくれ。

あいつほど、いい奴はいないんだ。あいつこそ、男の中の男なんだ。

私、そんなような内容のことを、複数の男性から言われました。

私が言われたわけではない。私の兄貴が言われていたのです。

でも、自分たちがそう発言したことを、おそらく発言者は忘れています。気分が変わると、その場にいない兄貴をネタに、あいつはあ~だこ~だとけなす。

兄貴本人がその場にいないので、上げても下げても、どうでもいいのです。

発言者たちは、私と兄貴は、ただの知り合いだと思っている。

兄貴といっても、血のつながった実の兄貴ではないし、一緒に住んでるわけでもない。当然、名字も違うので、周りがまったく気がついてなかったのです。

その時々の気分で、兄貴が上げられたり下げられたりしてるのを、ずいぶん聞かせてもらいました。

兄貴本人がいるときは、兄貴に対して「俺たちは親友だよな~!」とやってるのも、見学させてもらいました。

私はこのことを、兄貴に話していません。会うの何年かに一回だし、もっと会わないときもあるし、話す気もないし。

彼らは、兄貴の他人と信じている私を追ってきて、私をつかまえてまで、「あいつは男の中の男だ!」と言う。

そうまでして、「親友をほめたたえている素晴らしい俺!」をやりたいのです。

兄貴をおとしめている時は、自分が高められたような気がして、それはそれで気分がいい。

そう見えますね。

関連記事

ページ上部へ戻る