【恋愛雑記097】ゲームプログラマーから女性におすすめの本、二冊

近所に、プロのゲームプログラマーだという若い男性が住んでいたことがあります。

しかも、スリムで背の高い、笑顔が穏やかな、やさしそうな男性です。

なんてぇともう、きゃ~!うわ~!やった~!ですが、
(何が?)

別に、どうということもない。たまに見かける、ただの近所の人。

ていうか、めったに見かけない。早朝から深夜まで、仕事で出かけてるから。

私の知り合いの知り合いくらいの人で、しゃべったことがないわけじゃないけど~の人だったのですが、ある時「女性はこういうことに気をつけなさい」と言って、本を二冊持ってきてくれました。これ貸してあげるって。

・有吉佐和子「複合汚染」
・レイチェル・カーソン「沈黙の春」

この二冊です。

それと「不自然なことには気をつけなさい」と教えてくれました。

食べ物は腐るのが当たり前。腐らないのは不自然なこと。そういう不自然を見過ごさないようにしなさい。

腐らない食べ物は、食品添加物が入ってるから、腐らないんだよ。育たないはずの野菜が育つのは、農薬が入ってるからだよ。

「できないはずのことが、できるようになりました」
「作れないはずのものが、作れるようになりました」

そういうことも、たぶん、なにかある。

気をつけなさい。念を押されました。

彼の言う「なにかある」ってのは、

「不可能が可能になるときは、おそらく、その裏になにかヤバいことがあるぞ」

という意味です。

こういうことは、情報がたくさんあって、いろんなことを言う人がいて、なにが本当か、わかりにくいこともあります。

でも、それについて考え続けることは、とても大切なことです。

関連記事

ページ上部へ戻る