【恋愛雑記099】人間の未来には、試合終了がある

「メメント・モリ」という言葉があります。

「死を忘れるな」というラテン語で、とても古くから、人類に伝えられてきた言葉です。

私はこれ、どういうわけかフランス語だと思っていました。そのくらい、この言葉について、勉強していません。

人間は、人間の未来だ。と書いた人がいます。

でも、ちょっと考えればすぐ判るのですが、人間の未来が行きつく先は、『死』だけです。

野球が延長戦あるとしても試合終了になるように、サッカーの後半戦が終わって、『もうちょっとやろうよ』になることもあるけど、やっぱり試合終了です。

それと同じことです。

私はハーフタイム過ぎて、人生後半戦が始まって、2年くらい経ったのかなあ、それくらい。

野球やサッカーの試合終了はなんとも思いませんが、またやろうぜなだけですが、

自分の試合終了のことを考えると、怖くてちぢこまって、なんにもできなくなります。

でも、試合終了のことは考えないにしようもやっていません。後半戦行くぞ!の気分で、毎日なんだかんだ、ガタガタやってます。

あといくつゴールを決められるか判りませんが、一本でも多く、シュートを打ちたい。

最高の試合だった~!にしたいものですが、

彼、あなたのこと、今も見ててくれますよ。と、近所の先生に言われたからな~。

今の私の生活は、サッカーというよりは囲碁のマンガらしい。

どうするよ~。雑誌は同じなんだけどな~。

関連記事

ページ上部へ戻る