デート代は男性が出すのが当たり前?

「婚活におけるデートの食事代はどうしたらいいですか?」という質問をインターネットの掲示板などで見掛けることがあります。どうしたらいいですか?というのは『男性が全部払うべきなんですか?』という問いだと思いますが、答えは『そうです、男性が払って下さい』になります。

まだ恋人でもない女性に食事代を払う、しかも毎回となるとなんとなく不公平さを感じてしまう方もいらっしゃるようです。しかしこの食事のお会計をスマートにこなせる男性は早くステキな結婚相手に廻り合う可能性が高いでしょう。

こんな女性の本音があります。『なかなかお話もしやすかったんですけど、最後のお会計でおいくら出せば良いですか、と聞いたら割り勘にさせられたので、あり得ないと思いました』とのことです。あり得ないとまで言われるのです。

女性もおごってもらって当たり前という感覚ではいけないと思いますが、男性の場合は男性が払って当たり前と思って下さい。

結局、こういうことなのです。

世間一般では経済力のある男性がデート代を持つというのが一般的になっています。もちろん中には割り勘にしているカップルや、お互いの経済事情によって女性が払っている、なんて場合もあるとは思いますが、ここは初対面やまだ恋人になる前の段階のお話です。

世間一般と言われることもできない男性に、どう魅力を感じれば良いのでしょうか?また、1回、2回の大切なデート代も渋々なのに、はたして結婚したらどのような生活になるのでしょうか?もしくは、それだけ経済力がない証拠なのでしょうか?

この男性には明るい結婚生活が待っているとは思えませんね。

しかし、実際に何度もデートを重ね、毎回男性が払うことを当たり前に感じ始める女性も危険です。男性は、女性側も払おうとする意志を見せてくれることと、それでもおごってもらったら嬉しそうに感謝の気持ちを表してくれるかどうかを見ているのです。

もしくは何回かに一回は『いつもご馳走になるので今日は私にご馳走させてください』という機会を作ってもいいですね。そのような関係ならば、ステキなカップルになれると思います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る