ドライブデートで仲良くなれる本当の理由とは

最近、メディアなどでは「若者の車離れ」が深刻だと報じられることが多くなりました。公共交通機関が充実してきたことや、不景気が車離れに拍車をかけているようです。

しかし、恋愛となれば話は別。デートにおいて車はまだまだマストアイテムです。ある調査によると、「男女の円滑なコミュニケーションのためには車の存在が不可欠」と答えた男女は全体の約4割にものぼりました。

それだけではありません。

日常的にドライブデートをしているカップルのおよそ7割以上が、「パートナーとの関係が良好である」という結果になったのです。

一体なぜなのでしょうか。

その理由は以下のとおりです。

運転を通して相手の人柄を知ることができる

「車の運転をしている時って、一番素の性格が出やすいと思うんです。普段優しく見えても運転が乱暴であったり、仕事の場面では決断力がありそうでもいざ運転を始めてみたら迷ってばかりだったり。そういう時に、相手の人柄が理解できたように感じます」

このように、「パートナーの性格が運転に現れる」と考えている人は実に全体の6割にも及んだそうです。確かに、ほかのドライバーに怒りをぶつけるような相手だとその後の付き合いに不安を感じますし、逆に交通マナーをしっかり守ってくれれば好感度もアップします。

付き合いたてでまだお互いのことがよくわからないならば、彼の運転を注意深く観察していると今後どのように接していけばいいかヒントが見つかるかもしれません。

会話に真剣になれる

「彼と自分しかいない車の中は、いわば完全に2人きりでいられる密室空間。レストランやカフェでおしゃべりするのも楽しいですが、車の中ほど会話に真剣になれる場所はありません。たった1時間のドライブであっても、相手の価値観とか生き様を感じ取ることができます」

騒音を感じる店の中では真面目な話はしにくいし、お互いの家だとリラックスしすぎてついダラダラしてしまいがち。そのどちらでもない車の中という空間は、実はとても貴重な場所であるといえるでしょう。

イチャイチャしやすい

「会話がはずめば自然と良い雰囲気になって、イチャイチャしやすいのが嬉しいです。景色の綺麗な場所に車を停めてキスをすることもありますね」

調査によると、車の中で告白した・された経験のある男女は全体の3割にものぼったそうです。2人きりになれる場所だからこそ、ロマンチックな雰囲気になるのではないでしょうか。

また、倦怠期に入ってすれ違い勝ちのカップルも、ドライブデートを通して仲直りができるかもしれませんね。

相手の趣味が理解できる

「車の中に置いてあるぬいぐるみや飾り、お気に入りのCD、それに好きなお菓子。こういうものを見ると、相手の趣味がちょっと理解できて、何というか、またひとつ近づくことができたなって感じるんです。ドライブを重ねるたびに親密になれる気がして楽しいです」

車の中は、自室に次いでプライベートな空間。ちょっとした装飾や、置いてあるCD・DVDなどから相手の好みが把握しやすいですし、「このアーティストが好きなの?」と話をふくらませることもできます。

特に音楽はドライブに欠かせない要素ということもあり、お互いの好きな曲を共有しあえれば距離がぐっと縮まります。

また、デートが終わったあとも、家で彼の好きな曲を聴けばまたロマンチックな気分を味わえそう。

車の中で過ごす時間は、彼の心に近づくことのできる大切な機会だといえそうです。

いかがでしたでしょうか?

車がなくても便利な時代になったとはいえ、やっぱり2人でドライブを楽しんだほうが幸せな恋愛ができそうですね。

付き合ったばかりで何をすればいいかわからない方や、長く付き合ってマンネリ化を感じる方は、ぜひドライブデートをしてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る