あなたは彼の所有物ではありません

彼に大事な相談ごとをして、賛成できないような意見が返ってきたとき、
内心反論したいけど、ケンカも避けたいので、思わず彼の意見に従って
しまった。こんなことを繰り返しているうちに、気がついたら自分の意
見というものがなくなり、「彼の意見=私の意見」になってしまったと
したら、それはとても残念なことです。

女性は、恋人になると、その男性の所有物であると思いこんでしまう場
合があります。そして、彼の「良い」所有物として、本来の自分を押し
殺し、彼にもっと好かれようと間違った努力をしてしまいます。

人の意見を聞くのが苦手だったけど、彼と付き合うようになって、人の
意見に耳を傾けられるようになったのなら、それは良い変化です。つま
り、あなたにとって、彼と付き合ってから自分に起こった変化が、あな
たにとってプラスだと感じられるものなら、それは歓迎すべきことです。
しかし、本来の自分を押し殺し、彼により好かれたいがために、偽りの
自分を演じているのなら、今すぐやめるべきです。

そんなことをしたら、彼が離れていってしまうと思いますか?

でも、自分と付き合ったことであなたが縛られていると知ったら、彼は
きっとがっかりします。誰にも縛られない、自由なあなたに魅力を感じ
たのですから。

彼氏ができても、あなたはあなた。誰の所有物でもありません。一歩も
引かず、誰にも依存せず、「あなたはあなた」として自由に生きればい
いのです。

関連記事

ページ上部へ戻る