自分が変われば相手も必ず変わる

「付き合った当初は、毎日メールをくれたのに、最近は、数日に1回。
なんで毎日メールくれないの!?」

こんな風に、恋人が自分の期待通りのことをしてくれなかった時は、
誰にでも経験はあると思います。付き合った当初は、とにかくお互い
のことをもっとよく知りたい、もっと相手から好かれたい、そんな気
持ち一心で、相手に好まれると思ったことを積極的にしていくと思い
ます。

ところが、3カ月、半年と過ぎていくうちに、良くも悪くも少しずつ
お互いの関係に「慣れ」が生じ、知らず知らずのうちに、自分が「尽
くす側」から、相手に「尽くしてもらう側」を求めがちです。

「恋人」といえども、やはり他人。出会う前までは、それぞれが別々の
生活を送ってきたわけですから、当然、生活習慣も違えば価値観も異な
ります。冒頭に挙げた例では、もしかしたら相手は、メールの回数より
メールの内容を重視するタイプなのかもしれません。お互いの考え方の
違いをそのまま受け入れるのも手ですが、「私は、こうしてほしい」と
相手に望むのなら、まず自分が変わってみましょう。

もし、彼が挨拶をほとんどしなかったのに、急に元気に「おはよう!」
と言われたら、思わずこちらもいつもと違う反応してしまいませんか?
人間って結構簡単に相手につられてしまうものです。メールの回数を増
やしたいなら、まずは、自分が送るメールの内容をいつもと少し変えて
みましょう。相手のメールにも変化が現れるかもしれません。

相手に変化を求めず、相手は自分の鏡と思い、まずは自分の行動を変え
てみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る