彼の知らないあなたがあっていい

何か悲しいことがあって落ち込んでいる時、彼から「君が考えていることは、よくわかるよ」と優しく言われると、嬉しいですよね。「ああ、この人は何も言わないでも私のこのつらい気持ちを分かってくれている、さすがわたしの彼だわ」となります。

でも、普段からこうだったらどうでしょう。「君のことは俺が全部分かっているよ」「君ならこうするだろう」「君にはこれ向いてないと思うよ。俺が一番君のこと理解しているのだから」なんて自分の意見も聞かずに言われたら、ちょっとイラっとするでしょう。

自分のことを愛しているなら勝手に判断せず、きちんと自分の意見を聞いてもらいたいもの。でも、自分は恋人の一番の理解者だと過剰な自信を持ってしまうと、それは、ある種の束縛にもつながってしまうのではないでしょうか。

どんなに長い時間を過ごした恋人でも、やはり自分とは生まれも育ちも違う他人です。

きっと何十年も一緒に生きてきた夫婦でも、100%お互いを理解し合うということはないのでしょう。仮にできたとしたら、それはあなたにとって心地良いことでしょうか?彼が予想外の反応をするからこそ、それが彼の新たな発見にもつながり、2人が付き合う面白さがまたうまれるのではないでしょうか。

お互い知らない面があるからこそ相手をより魅力的に感じ、ずっと寄り添っていたいと思えるのです。彼が知らない私、私が知らない彼を大切にできたらいいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る