秘密があるからこそ相手に優しくできる

「二人の間に隠し事なんていらない」と思いますか?

何でもかんでも馬鹿正直に相手に言う必要はない、と思います。誰にだって一つや二つ心の中だけに置いておきたい「何か」があるでしょう。また、相手に言う必要がない事、言ってはいけない事だってあります。

例えば、彼が一番大切な存在だとしても、学校や職場で、素敵だと思ったり、かっこいいと思ったりする人がいることもあるでしょう。もちろん、恋愛感情とは違い、憧れのような気持ちなのでしょう。このような事は彼に言う必要があるでしょうか?わざわざ言う必要はありませんよね?

元彼との楽しかった思い出や、行った場所、その人の面白い性格など、ふとした時に彼に弾みで話してしまいそうになる事があるかもしれません。しかし、ぐっと我慢して言わないのが正解です。過去におつきあいした人の話は必要ありません。今の恋愛に過去の恋愛は全く関係がないからです。過去の恋愛は、言えない秘密、絶対に言ってはいけない秘密のひとつです。

「彼に隠し事をしている」「どうしても言えない事がある」、そんな心の葛藤や後ろめたい気持ちが、不思議と相手を思いやる気持ちに繋がります。隠し事をしている分、もっと優しくしてあげよう、大切にしてあげようと思えてくるのです。「言えない秘密」は優しい気持ちをもたらします。

しかし、何も無理して秘密を作る必要はありませんし、何でもかんでも秘密にする必要はありません。でも、言わなくて良い事は言わない方が良いのです。「言えない秘密」はある意味二人にとって栄養剤なのかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る