LINEの返信がそっけない男性の3つの理由とは

LINEの返信がそっけない男性がいますよね。LINEをする回数が少なかったり、返信が遅かったり、文章が簡単な内容で済まされたりなど。

このようなことが何回もあったら、「自分に興味がないのか。」と思って不安になってしまうことがありますよね。

どうして彼らのLINEがそっけないと思うのか。その理由は3つ。

1つ目の理由は、LINEを送るときには「用件」が必要ということ。

女性のLINEの活用法は、思ったことを伝えたり、会話を楽しんだりと「コミュニケーション」のツールになっていますが、男性は、それがなかなかできないそうです。

一方男性のLINEの活用法は、「連絡」の手段なので「どこかに誘う」とか「何かを決める」という「用件」がないと送ることができないそう。

「そっけない」というのはこのような理由があるからなのですね。

2つ目の理由は、ひとつのことしか考えられないということ。

これは良く言われると言いますが、男性の脳は「シングルタスク」といって、複数のことを同時に行うことが苦手だということです。

この理由から仕事などが忙しいときにLINEがきても、仕事のことに集中しているのでLINEを後回しにしてしまうことがあるのです。

3つ目の理由は、「きちんと返信しなければならない」と思っていること。

男性は、「気軽にメッセージを送る」ことが苦手で、返信をまじめに返さなければならない、何か気のきいたことを書かなければならないなど「きちんと返信しなければならない」と思ってしまうようです。

それに加え、1回1回のやり取りにエネルギーを使うので、返信内容を考えるのも面倒くさくなってしまうとか。

これらのことをまとめると、「男性と女性とではLINEの活用方法や捉え方が結構異なる」ということです。

興味がある内容かどうかは、その時によって違うでしょうし、LINEの返信によって簡単にわかるものでもなさそうです。

つまり、伝えてみないとわからないので、相手のペースを理解しながら連絡するといいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る