相手への影響を考えてから言葉にする

時々、自分の意見をストレートにハッキリ相手にぶつける人がいます。中途半端は嫌いだから、ハッキリ言うのは相手の事を思っての事だから、自分に嘘をつきたくないから、などその人なりの考えがあっての事でしょう。恋愛において、自分を抑えつけることは確かに良いことではありません。お互い物事をハッキリ言い、気持をぶつけ合う事で信頼関係を築くカップルもいます。

しかし、相手から発せられたストレートな言葉に傷つく人も多いはずです。大切な相手を傷つけてまでハッキリ、ストレートに物を言う事は必要でしょうか?

一度発した言葉はもう取り戻すことができません。

あなたの発した言葉が相手を傷つけ、あなた自身をも追い込むことだってあります。思いつきで言葉を発する癖がある人は、自分が発する言葉が相手に及ぼす影響について、一度考えてみてください。口に出す前に一旦頭の中で発言してみてください。そして納得がいったら、実際に発言してください。

慎重すぎると思うかもしれません。なんだか素直じゃない、ハッキリしない、駆け引きみたいで嫌だ、ストレスが溜まる、と思うかもしれません。しかし、言葉の影響力は自分が思っている以上に大きいものです。

自分の考えをハッキリ意見する事は、相手や場面に合わせた匙加減が大切です。思ったことをポンポン言うのではなく、自分の言葉に責任を持ち、相手の事を思いやり、そして言うのであれば、ハッキリとわかりやすく誤解がないように相手に伝えてください。これは恋愛だけでなく、人間関係一般においても言えることだと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る