お金持ちの男性を遠ざけてしまう会話とは?

お金持ちの男性というのはそれだけで人より人生経験が豊富で、様々な境遇の方と知り合う機会が多いのです。そんな中、若い普通の女性の人生経験など全く興味の沸かない、むしろ聞き飽きた戯れ言の様なものなのです。

恋愛に繋げるために自分のいい所を見せようとするのに、自分を知ってもらうための大事なコミュニケーション。「会話」というのは、お金持ちの男性からしたらどうでもいい事なのです。

それこそ「お金を持っているから」という理由で好意を寄せてくる女性はあなただけではないのです。そしてその多くの女性があなたと同じように会話をしようと話しかけてくるのです。

なのにありふれた話を聞かされて面白いと興味を持つと思いますか?相手を怒らせないように相づちをうったりすることもあるでしょうが、たいていは「つまらないな」と思い聞き流しているだけなのです。

それは「お金持ちの男性」に限定しなくても、皆様もそうですよね?すでに知っている話題を自信満々に語られて困ったり、ありふれた使い回しの様な内容のドラマは続きを見たいと思いませんよね?

つまりはその「ありふれた話」の数が、普通の人よりお金持ちの男性は多いのです。そんなのはどんなに可愛い女性であってもつまらなくなってしまうのです。

会話をするのに自分の話をしなければならない理由はまったくもってないのです。同じ景色を見て「綺麗だね」とか、ご飯を食べながら「おいしいね」とか、その程度の会話で十分なのです。

そして何より大事なのは話を聞いてあげる事です。

お金持ちの男性というのは基本的にありふれた話を聞くのが嫌いですが、自分が話すのは大好きなのです。そこに相手の理解や共感などは必要ありません。ただ話したいのです。

女性からしたら不公平だと感じると思いますが、そこでつまらなそうな顔をせず笑顔で相づちをうって聞いてもらえる事に、男性は話していて楽しいと感じるのです。

話の内容に対しての知識は多少はあった方がいいと思いますが、専門的な事は必要ありません。

例えば自分の仕事の話をしている時に「理解して欲しい」と思って話しているわけではないからです。もちろん全く分からない時は別ですが、相手にいかに「話すのが楽しいな」と感じさせれるかが重要なのです。そしてそれは上手く相づちをうち聞いてもらえてるだけで感じられるものなのです。

そしてそこに女性の深い思考もいりません。「すごいね」「面白いね」その言葉だけで十分嬉しいのです。

これは「お金持ちとの会話」に限らないと思います。「自分」ではなく「相手」をたてて気持ちよくさせてあげる事が、コミュニケーションの場では重要なのではないでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る