あなたの認識は間違ってる!?金持ち男の本心とは?

よく合コンなどの話で聞く「結婚するなら年収は1,000万円以上じゃなきゃ」という言葉に対して、それをまるで失礼だと言う話を聞きます。

けれど、お金目当ての女性はそんなに悪いのでしょうか?

「お金持ちの経営者」ともてはやされている僕が、例えば普通の男性と同じ様な収入だったとしたら、多くの女性が親しくなろうと思って寄ってきたかといえば正直言って自信がありません。

けれど「この人はお金目当てなんだろうな」などと相手を見下したり、遠ざけようと思った事もないのです。なぜならそれには全く意味がないから。

「お金を持っているからモテる」僕からしたら、そんなのはどうでもいい事なのです。

例えば人を好きになるのに、その全てを知ってから好きになる人など本当に存在するのでしょうか?

好きでもない相手の事を、どうして全てを知ろうなどとと思えるのでしょうか?

そこには「イケメン」だったり、「趣味が合う」だったり、やはり知ろうと思える興味をそそられる理由がまずあるからだと思います。顔も性格も、学歴も趣味も、もちろん収入も。全く何も知らない人間を知ろうなんて誰も思いませんよね?

好意であれ、悪意であれ、人は自分の持っている希望や理想に1つでも当てはまってこそ興味を持ち、そしてそれだけで人を好きになる事だってあるのです。

ではそうやって好きになられた男性は、それを不快に感じるのでしょうか?

「イケメン」だから好意を寄せられたら「この人は顔だけが目当てだ」とか、「趣味が合う」からという動機で好きになられて、「趣味の話をするのが目当てだ」なんて悩む人は少ないでしょう。

ましてや「お金を持っている」「社会で成功している」というのは、その人が自分の能力で築いてきた社会的なステータスなのです。

それに対して好意を持たれる事は、女性から評価されているという自信にこそなれど、それを卑下する様な事ではないのです。なので、基本的に「お金目当て」で寄ってくる女性に対して、その理由などどうでもいい事なのです。

ではお金を持ってる男性が女性に何を求めるのか。それは男性も女性とさして変わりはありません。

女性が「お金を持っている」という理由で男性に興味を持つのと同じように、男性は「綺麗」「可愛い」などとやはり社会的に否定されている「体目当て」で好きになる事もあります。

お金があるから、顔がいいから。どうしてその理由で好意を寄せてくる相手を「大事なのは中身」などと遠ざける必要があるのでしょうか?せっかく自分に興味を持ち集まってきてくれた綺麗な女性達を、むしろ中身を知ることもせず理想の方と巡り会うきっかけを無くしているだけに過ぎません。

「お金を持った男性」の生活や嗜好と照らし合わせて、自分をいかに高めてくれる相手なのか。「配偶者」という存在になるまでの出会いに興味を持ち、そこからの努力こそが何よりも大事なのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る