料理が上手でも金持ち男のハートは掴めない!?

「花嫁修業」と言えば一番に浮かぶのが家事のスキルだと思います。けれど、お金持ちの男性にとってはそんなものは意味がないのです。むしろ、重荷にしかならない場合もあります。

そもそもお金持ちの男性は、案外料理を得意とする人が多くいます。それでなくても、自分で出来ない事を女性に求めるような人はいないのです。

「上手いならそれに越したことはないな」程度の事なのです。ましてや、お金持ちであればそこにお金を出してプロの手を入れる事が出来るのだから。

掃除は日々その道のプロであるお手伝いさんを雇えばいいし、洗濯に関してはどんなに上手くても素人である女性は、最新の洗濯機や乾燥機であったり、クリーニングには勝てないのです。そして、汚れがひどいのであれば捨てて新しい物に買い換えることもできます。

料理にしても、料理人を家に呼ぶ人だっているのです。どんなに「私は料理が得意なんです」という女性だって、プロの技術を学んでいる料理人や、ましてや家政婦さんにすら敵わないのです。

しかもお金持ちの人は普通の人と、やはり舌の感覚が違うのです。

普段から五つ星のレストランに頻繁に通っていて、高級な食材でプロが作った料理を食べ慣れている男性が、女性に料理を作ってもらっても「嬉しい」とこそ思えど本心からおいしいと思うことはまずありません。しかもそれが毎日続けば重荷にしかならないのです。

尽くして喜んでもらいたいのであればお金持ちではなく、普段コンビニの弁当やインスタントばかり食べていたり、生活水準があなたと同じかそれ以下の男性を相手にするべきなのです。

ではなにもしなくていいのでしょうか?もちろん人によりけりでしょうが、正直言えばその通りです。なぜならそこに見返りが発生してしまう場合が多いからです。

基本的にお金持ちの男性ほど、自由を好んでいます。

例えば女性が料理を作ったら、お腹が空いていなくても食べなければならない。舌に合わなくても怒らせないために「おいしい」と言わなければならないこともあるでしょう。

ましてや仕事中に「今日はがんばってご飯作ったよ」などと連絡が来ようものなら、「早く帰らなければ」と強要された気分になるのです。一度や二度ならそれもいいのかもしれませんが、頻繁に続けば疲れうんざりもしますし、時にはやりたい事を出来なくなってしまったり、仕事への影響も出てくるかもしれません。

「夫の世話をするのが妻」なんて考えは、若い今時のお金持ちには押しつけがましく負担に感じられるものになると思います。多少ズボラで、家のことなど全く出来なくてもいいんです。むしろその方が長く続いたりもするのです。

「お金持ちを支えるために家事を学ぶ」くらいであれば、その時間で女を磨き、その女性にしか出来ない魅力を開花させて欲しいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る