男性にどうしたら「可愛い」と思われるのでしょうか?

お金持ちというのは、テレビでよく見るいわゆる「芸能人」との出会いがかなり多いんです。お金持ちとして著名になればなるほど出会いは広がり、素敵な女性と出会う機会はどんどん増えます。

ではそんなお金持ち男性に興味を持ってもらうにはどうしたらいいと思いますか?

一番大事なのはアピールです。しかしここで忘れてはならない事があります。男とは元来ハンター気質ですので、女性の方からガツガツこられると逆に引いてしまい、興味を持つ前に遠ざけてしまう可能性があるのです。

「お金持ち」と分かり、これみよがしに言い寄ってくる女性などまさにそのタイプが多く、その勢いに押されて男性は興味も持てず逃げたいと思ってしまうことすらあります。

けれど、「待っていればお金持ちが自分を口説いてくれる」なんていう事はさらにありえない話です。あなたに興味を引かれなければ、候補にすら入らないのですから・・・。

お金持ちがどこで女性を口説くのか。そのたいていはお酒の席です。

街で、歩いている女性に声をかけてナンパをするなんて事はありえません。ましてやどんなに見た目で「お金持ち」と分かっても、突然「僕お金持ちなんだ。付き合おう」と言われてあなたもホイホイついて行ったりしませんよね?

だから、お酒の席なのです。アルコールで気分も高揚し、また口説くのにも不自然ではないその環境を逆に利用しましょう。

ではどのように興味をもってもらえるように仕向けるのか。

そもそも男女の出会いがある飲み会の場というのは会話をする場所ですが、「会話」というのは無意味です。なぜならお金持ちはほとんど会話をしないから。

仕事で成功している人ほど、「会話」ではなく「自分の話を聞かせる」事に重点を置きます。会話とは言葉のキャッチボールといいますが、そのキャッチボールをする気がないのです。

自分の話を聞かせたいのであって、あなたという人間を知るために会話をしようなんてほとんどしないのです。ですから、あなたがどんなに会話に自信があっても意味がないのです。

じゃあどうしたら興味を持ってもらえるのか。それははっきり言って見た目です。「可愛い」か「可愛くないか」で女性を見るのです。

普段モデルやアイドルなどと交流があるなら無理じゃん!と思うかもしれませんが、そういうものでもないのです。

「見た目」というのはただ見たまんまのものだけという単純なものではなく、雰囲気で変わるからなのです。顔の造りだけが可愛さではないのです。必ずしも顔が綺麗な女性が一番とは限りません。

たとえばお正月に初詣に行ったとします。目を引かれるのは元々が美人な子ではなく、「着物を着た女性」ですよね。着物というのは日本人の顔に合った服装なのです。

普通の女の子だって普通以上に可愛くなります。

同じように夏祭りでは「浴衣を着た女性」です。通常なら全く惹かれない女性でも、それ一つで興味を持ち口説き付き合うようになる、という事は十分にあります。

飲み会に浴衣や着物を着ていけばいいというわけではありません、何が言いたいかというと、男性から可愛く思われる努力をどれだけ出来るか、しているかということなのです。

お金持ちとお付き合いしたいのであれば、自分をいかに高く見せるかとか、内面を磨くより、そういう努力がなによりも何倍も重要だと思います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る